読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NBA NEWS NOW

NBAの最新ニュース、コラムネタを中心に思ったことをつらつらと書いていくブログです。マニアックに攻めていきますよ

    広告

ウォリアーズ ハリソン・バーンズと契約延長できず

                 広告

ウォリアーズのGM、ボブ・メイヤーズがウォリアーズのフォワードのハリソン・バーンズとの契約延長の交渉を撃ち切ったことを発表した。

ウォリアーズ側は4年6400万ドルの契約をオファーしてきたものの、バーンズ側はこれを拒否していた。

これによって今オフに制限付きFAとなる。

現在スタートで出場しているバーンズ。成長著しく、将来のエースを担うプレイヤーになる存在であるため、ウォリアーズとしては手放したくないはずであり、他チームのオファーにマッチし、5年契約のできる用意がある。

現実的に移籍は考えられないが、今回の交渉打ち切りによって彼のプレイに影響しないはずがなく、昨シーズン平均10.1得点、5.5リバウンド、スリーポイント40.5%というスタッツを伸ばすことができるかはわからない。

10月28日に行われた開幕戦では8得点9リバウンド、スリーポイント5本中成功1本というまずまずの成績を残していた。

 

同じくファイナルに進出したキャバリアーズのトリスタン・トンプソンも延長が難航していたが、結局キャブス側が折れ、高額契約を結んだ形となっており、今回の交渉も注目されていたが、オフに持ち越しとなりそうだ。

高額契約はあまり結びたくないチーム側と、高額契約を望むプレイヤーとエージェント側の対決はNBAを観戦する上で欠かせない要素となっている。