読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NBA NEWS NOW

NBAの最新ニュース、コラムネタを中心に思ったことをつらつらと書いていくブログです。マニアックに攻めていきますよ

    広告

クリッパーズ ブレイク・グリフィン スタッフとケンカ中に右手を骨折

クリッパーズ
                 広告

 

nbanow.hateblo.jp

 

 現在、左大腿四頭筋の腱を部分断裂し、休養中のブレイク・グリフィンが、チームスタッフと口論になり、スタッフを殴打。相手の顔に複数の傷を負わせ、自らのシュートハンドを骨折しました。

 現地メディアによると、復帰に4~6週間を要するとのことです。

 

 現在のクリッパーズは勝ち星を重ね、サンダーに次ぐウエスト4位。ブレイク・グリフィンの不在が好影響を残しているといえます。

 こんな状況下でチームスタッフにバスケットボールと関係のない話をしていたら・・・そりゃあグリフィンも怒ります。

 

 ドック・リバースHCは、今回の騒動について多くは語らなかったものの、処分が下される可能性が高いとの見解を示しており、数試合の出場停止は免れないと思われます。

 

 本人としては一刻も早く復帰して、クリッパーズの勝利に貢献し、「グリフィン不要説」を消し去りたいはずですが、今回の怪我で少なくともこの「グリフィン不要説」が更に大きくなってしまうでしょう。

 

 今シーズン、30試合を終えた時点での個人成績はレブロン・ジェームズの12-13シーズンと酷似しており、今後の期待が高まっていただけに残念です。

 ブレイク・グリフィンの今季は、平均23.2得点、8.7リバウンド、5.0アシストでした。

f:id:nbanow:20160127151416p:plain

 また、比較対象とされる2012-13シーズンのレブロン・ジェームズは、平均26.8得点、8.0リバウンド、7.3アシストでした。

f:id:nbanow:20160127151722p:plain