読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NBA NEWS NOW

NBAの最新ニュース、コラムネタを中心に思ったことをつらつらと書いていくブログです。マニアックに攻めていきますよ

    広告

【トレード情報】2016/02/17グリズリーズ、ヒート、ホーネッツ間でトレード アンダーセン、ロバーツ、ヘアストン、リー

                 広告

 またもやトレード情報が入ってきました。

 今回のトレードはスター選手は絡まないものの、プレイオフの鍵となる、シューター、ディフェンダーの多く絡むトレードとなりました。

 

 ヒートはホーネッツからブライアン・ロバーツを獲得、グリズリーズはPJ・ヘアストンをホーネッツから、クリス・アンダーセンと2巡目指名権をヒートから獲得、ホーネッツはコートニー・リーをグリズリーズから得ています。

 

 まずヒート。こちらはクリス・アンダーセンを放出し、ブライアン・ロバーツを得ています。クリス・アンダーセンは途中加入ながら、2012−13シーズンのチャンピオンシップ獲得に大きな役割を果たし、ヒートファンの人気を博していました。

 ポストディフェンス、ブロック、リバウンドの能力が高いアンダーセンですが、現在37歳と非常に高齢で、今シーズン終了後にFAとなるため、引退を表明すると見られています。

 

 ブライアン・ロバーツは現在30歳。シュート力は非常に高く、2014年にはフリースロー功率1位の成績をダーク・ノヴィツキーから滑り込みで奪っています。

 非常に安定感のあるプレイが持ち味でしたが、今季はホーネッツでの出番はありませんでした。

 ドラギッチ、ウードリーのいるヒートでも出番が無いと思われますが、ラグジュアリータックスを回避できるということで、十分意味のあるトレードだったのではないでしょうか。

 

 次にグリズリーズ。PJヘアストンとクリス・アンダーセンを獲得しました。

 PJ・ヘアストンはスリーポイントが持ち味で、ルーキーシーズンはルーキとしては非常に良い活躍を残していまいした。しかし、ホーネッツではインパクトが足りず、プレイタイムはほとんどありませんでした。グリズリーズのウイングプレイヤーとしては少々役不足感があるもののの、トニー・アレンなどがいるため、控えから活躍できるでしょう。

 また、クリス・アンダーセンは先述したとおり高齢で、今シーズンが最後と見られます。ですので、マーク・ガソールの負傷を補うことが目的のためには十分です。

 

 最後にホーネッツはコートニー・リーを獲得しました。

 リーはここ数シーズン、グリズリーズのディフェンスとシュートを担当、プレイオフでの活躍に大きく貢献しました。

 しかし、今季は不調の試合が多く、グリズリーズでは出番が少なくなりがちでした。

 ホーネッツでもシュートの状況によっては機会が与えられると思われます。

 

 このトレードはベテランが多く、非常に微妙なトレードとなりました。プレイオフの鍵となって活躍した選手が年齢とともに衰え、チームを去っていくのは悲しいことですが、トレード先での活躍を祈りたいと思います。

 

《追記》2016/02/22

ブライアン・ロバーツはヒート加入直後、トレイルブレイザーズとトレードが行われ、ヒートはサラリーの節約を大きく果たしました。

 

また、クリス・アンダーセンのキーワードでこの記事を見つけてくださった方が多く、アンダーセンの人気の高さを実感しております。

私も、チャンピオンになった年のバードマン(クリス・アンダーセン》が大好きで、トサカヘアーを真似したこともありました。

地味ながら存在感の大きい彼のトレードは少し悲しいのですが、出番の全く無かったヒートよりは、出番のもらえているグリズリーズのほうが彼にとって有意義だと思います。新天地での様々な面での貢献に期待しています。