読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NBA NEWS NOW

NBAの最新ニュース、コラムネタを中心に思ったことをつらつらと書いていくブログです。マニアックに攻めていきますよ

    広告

【NBAコラム】解雇続出!?オールスター明けのチーム改革前編(バレジャオ、リー、ジョンソン)

NBAコラム
                 広告

オールスター明け、これからが重要なシーズンだというのに、ニュースネタが書ききれない私です。

ウォリアーズとスパーズという今季の2大巨塔がオールスター明け、最初の試合で負けるという謎のスタートで始まった後半戦。リラードが51得点、アンソニーデイビスが59得点・20リバウンドを達成していたり、今季振るわなかったチームのスタートダッシュが目立っています。後半戦でどのチームが伸びてくるのか、あるいはどのチームが落ちていくのか、プレイオフの動向を含め、楽しみな時期がやって来ました。

それでは本題に Let's Go!

 

トレード頻発の中で起きた残酷な解雇劇 負傷という地獄

ニュースサイトや、まとめブログでもなかなか報じられていない話題です。

トレード頻発も一段落し、どのチームもプレイオフに向けて動き出す中、チームを支えてきた頼れるベテラン・未来ある若手が多数解雇される・・・なんとも無慈悲なリーグです。

ラグジュアリータックスの関係もあり、ローテーション入りできていないプレイヤー、負傷で長期離脱のプレイヤーを解雇するのは当たり前のことなのでしょう。その過酷さがNBAなのでしょうか。

解雇劇その1 アンダーソン・バレジャオ(キャブス解雇→ウォリアーズ)

言わずと知れたキャブスのママ。レブロンがいる時も、そうでない時も、チームを縁の下から支える力持ちです。

しかし、昨季頭にアキレス腱を断裂。チームから長期離脱を余儀なくされ、実力があるにも関わらずベンチに座り続ける日々。ケビン・ラブのトレード加入、トリスタン・トンプソンが完成形に近づく、ティモフェイ・モズコフがトレード加入するなど、インサイド陣の層は厚くなるなか、今季に入ってスモールラインナップを多用するようになり、ついに「不要」となってしまいました。

トレードでブレイザーズに移籍したものの、再建中のチームにも必要とされず、すぐに解雇されてしまいました。

レブロンとの華麗な合わせプレイがバレジャオの良さなのですが、それもモズコフ、トンプソンがいれば十分なのでしょう。そうなると、歳を重ねたベテランに用はない・・・なんとも残酷な話です。

そして、選んだのはウォリアーズ。理由はファイナルでレブロン擁するキャブスと戦えるかもしれないから・・・ええ。キャブスのママは解雇されてもなおキャブスのママなんです。スモールラインナップのウォリアーズで、ガッベージタイム以外のプレイタイムはほぼないと言って良いでしょう。でも、キャブス愛はチームを離れても変わらないんですね。涙がこぼれます。

解雇劇その2 デイビッド・リー(セルティックス解雇→マーベリックス

こちらもチームの核となり得るベテラン、デイビッド・リーです。2010・13シーズンに2度オールスターに選出された、数シーズン前のNBAファンなら誰でも知ってる選手でしょう。

ニックス、ウォリアーズ前半の彼の平均10本以上のリバウンド、20点以上の平均得点は記憶に新しく、現在でも大活躍を収めていると思っていたファンも多かったのではないでしょうか。

しかし、ウォリアーズでの先発を外され、出場時間が激減。その年はウォリアーズが優勝したものの、連覇を経験することなくセルティックスへ移籍。その後もインパクトを残すことはなく、解雇されました。

彼の特徴としてディフェンスをしないというところがあります。ディフェンスを持ち味とするセルティックスの若手たちには不要。いや、いないほうが良いという選択だったのでしょう。

新天地はマブス。「プレイタイムの保証はしない」と言われるも、2桁得点、2桁リバウンドをベンチから、プレイタイム20分台で叩き出せる状況を作り出しています。解雇されても頑張るベテラン、かっこいいです。

解雇劇その3 ジョー・ジョンソン(ネッツ解雇→ヒート)

ネッツが王者ヒートを下して優勝・・・そんな夢を見ていたシーズンを思い出してください。あの頃のキレッキレのジョンソンは目に焼き付いて離れません。

大金とドラフト指名権を使って手に入れたカリスマたちはすぐにチームを去り、残ったのはジョンソンとロペスだけという今シーズン。再建なんてもってのほかという気迫を持って臨んだものの、気がついたら下から2番めあたりをさまよう弱小チームに。コメンテーターたちからはシクサーズより状況はひどいなんていう声が挙がっていました。

そんな中、コーチ解任、ジャレット・ジャックが今季全休と、勝ちを望むことができなくなったネッツはGMも解任し、バルニャーニを解雇。すぐにジョンソンも解雇されました。 FG成功率も得点もそこまで悪くないはず、エースとしての役割もたまには果たしていたはず。でも、リーグで6番目の高給取りはコスパが悪すぎたのです。

メールの受信箱がウェイドからのメールでいっぱいになるほどという、熱烈勧誘を受け、加入したのはヒート。奇しくもあの時のネッツの最大のライバルです。

しかも、ジョンソンがヒートとサインした日はなんとニューヨーク方面へのロード・トリップ中。ジョンソンを拾ってマイアミに帰るというなんという手際の良さ。

シャックを連れて帰ってきた時にも思いましたが、ヒートはいつだって段取りが良いチームなんですね。

 

解雇劇その4 マーカス・ソーントン

解雇劇その5 スティーブ・ノバック

解雇劇その6 アンドレ・ミラー

解雇劇その7 ベノ・ウドリー

解雇劇その8 クリス・ハンフリーズ(追加)

解雇劇その9 タイ・ローソン

解雇劇その10 ケビン・マーティン

 という感じで後編に続いていく予定です。予想以上に多く、幾つかに分けるかもしれませんが・・・地味な選手を後半に集めて絶賛編集中ですのでもう少々お待ち下さい。

 

《追記》2016/03/10

続き書きました↓

 

nbanow.hateblo.jp