読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NBA NEWS NOW

NBAの最新ニュース、コラムネタを中心に思ったことをつらつらと書いていくブログです。マニアックに攻めていきますよ

    広告

【NBAプレイオフプレビュー&勝敗予想】  ファーストラウンド  キャブスvsピストンズ

                 広告

1カード1記事という大胆な手法で書いていきたいと思います。全8記事という果てしない旅にお付き合いください。

 順位と最終結果はこちら↓

 

nbanow.hateblo.jp

 

クリーブランド・キャバリアーズ  (1)  vs  デトロイト・ピストンズ(8)

今季のイーストのプレイオフは下克上の起こりやすい環境と言えます。そんな中で、1つの下克上候補と言えるカードがこの、キャブスvsピストンズです。

 

スケジュールを確認します。

GAME1  ピストンズ@キャブス  4月18日  日本時間午前4時

GAME2  ピストンズ@キャブス  4月21日  日本時間午前9時

GAME3  キャブス@ピストンズ  4月23日  日本時間午前8時

GAME4  キャブス@ピストンズ  4月25日  日本時間午前9時30分

以降未定

GAME5 ピストンズ@キャブス  4月27日

GAME6 キャブス@ピストンズ  4月29日

GAME7  ピストンズ@キャブス  5月1日

 

以上です。

レギュラーシーズン成績

キャブス57勝25敗

ピストンズ 44勝38敗

対戦成績

2015年 11月17日  キャブス  99  @ピストンズ  104

2016年  1月29日   キャブス  114 @ ピストンズ  106

2016年  2月22日  ピストンズ 96 @キャブス 88

2016年  4月13日  ピストンズ 112 @ キャブス 110

シーズン結果   ピストンズ 3-1 キャブス

 

いずれも10点差以内に終わる接戦です。ピストンズが3勝を奪っているものの、レブロン不在の試合もあり、プレイオフに関わるとは思えません。しかし、ピストンズはキャブスに対する苦手意識がないと思われます。

レジー・ジャクソンが「良い相手に当たった」というニュアンスの発言でメディアを沸かせており、ピストンズの若手たちがどれだけ奮起できるかがこのマッチアップの鍵でしょう。

 

勝利の鍵

ここで、両チームのプレイスタイルを確認したいと思います。

両チームともスタッツは非常に似通っており、わざわざピックアップするほどではないものの、対称的なのはインサイドの使い方。ピストンズは、ドラモンドというリーグベストのリバウンダーを有し、過去数試合を見ても、オフェンスリバウンドも好調です。一方キャブスはトリスタン・トンプソンをセンターに構えてくると見られ、オフェンスではさほど機能しません。

さらに、スリーポイントの優先順位は両チームとも高いものの、キャブスは異常なほどに打ってきます。特に、4Qでの競った場面でのスリーは決まれば勝ち、落ちれば負け。このギャンブル性が高いオフェンスを変更してくるかは疑問ですが、ピストンズスリーポイントを抑えることが勝利に繋がるでしょう。

以上より、このシリーズはキャブスの3ポイント%と、ピストンズのインサイドの支配によって結果が決まると予想します。4−2でキャブス・・・どうですか?