読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NBA NEWS NOW

NBAの最新ニュース、コラムネタを中心に思ったことをつらつらと書いていくブログです。マニアックに攻めていきますよ

    広告

ホーネッツ アル・ジェファーソン 薬物規定違反により5試合の出場停止処分

                 広告

12月10日(現地9日)、リーグは、ホーネッツのアル・ジェファーソンをNBAの薬物規定違反により、5試合の出場停止処分を課すことを発表した。

現在、ふくらはぎの張りを訴えているジェファーソンは、2から3週間の離脱を発表しており、それが回復し、プレイできる状態になってからの出場となり、実質、1ヶ月程度の離脱となる。しかし、チームは非常に好調で、ジェファーソンの離脱以降、3勝1敗の成績である。

 

ヒート戦に快勝したホーネッツ。3連勝をおさめており、ジェファーソンの離脱後は非常に調子がよい状態である。混戦とは言えど、キャブスに次ぐ2位であり、ジェファーソンの代役を務めているコーディー・ゼラーの調子もすこぶる良く、今季平均8.1得点のところ、ジェファーソンの離脱以降、平均13得点まで伸びている。23歳という若さのゼラーのほうがジェファーソンより期待できる選手と言っても過言ではないかもしれない。

スタッツを落としていたジェファーソンとしては、この離脱は非常に大きなものとなることは明白で、トレードの対象となってもおかしくない。

 

禁止薬物がどのようなものだったかは発表しておらず、本人も謝罪している。

キャリアでは平均16.9得点、9リバウンドのところ、今季は現在のゼラーとほぼ同じ、平均13.7得点、6.4リバウンドの成績にとどまっている。

 

(情報元:AP通信社)